Muse Note

むせのーと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々考えてはいたんですが、何から書いていいのやら。
普段他人の日記等をあまり見ないのですが、このエントリを書く前に一通り知り合いの所を回ってみました。

何故曲を取り下げようと思ったか?
このまま公開し続けることに疑問を持ったからです。ゲームミュージックのアレンジはやめません、好きですから。
僕の場合、作った曲はまず知り合いに聴いてもらって最終調整をします。いつも貴重な意見をくださるちぷさんには本当に感謝しています。その後ブログに投稿します。そしてASMP3GAに紹介して頂きます。いつも本当に感謝しております。
そして当ブログではアクセス解析をさせてもらっているので解析ログを見て、どれだけのお客様に来てもらえたのか確認します。うちではダウンロードカウンタなどをつけてないのでこれで終わりです。
コメント欄やweb拍手も設けてありますが、機能してません。
毎回「またコメントも拍手もなかったなぁ」と思いながら次の曲にとりかかります。
ダウンロードカウンタもアクセス解析も、音屋側から積極的に目に見える成果を確認したくて設置してるようなものだと思ってます。そうでもしないと曲を公開しても本当に何も残りませんからね。
別に褒めて欲しいとかそういうことを言ってる訳じゃないんです、何も反応が無いのが問題なんです。
まあ僕の曲に何もコメントする価値がないのかもしれませんが、僕としては毎回自信を持って送り出している訳です。アレンジが良かったのか悪かったのかもわからない。選曲はどうだったのか?僕が好きな曲を同じく好きだった人はいないのか。web公開すればたくさんの人に聴いて貰えるはずなのに、これじゃ本当に聴いてるのかどうかもわかりません。
じゃあもう知り合いまでにだけ聴いてもらうことにすればいいんじゃないかという話。

で、今後どうするか。
どうせ何もコメントつかないなら全曲DL販売にでもすればいいんじゃないの?
全く売れなくても今まで全くコメントつかなかったんだから同じですよねー。
むしろ中途半端な物をUPできなくなって、自分の技術向上に繋がるかもしれません。

もうひとつ。ニコニコ動画に投稿した方が簡単にコメントが貰えるという問題。
そんな媒体を介さなくても、製作者とリスナーで対話できる方が良いに決まってます。匿名でコメントしたいならweb拍手があります。
でもニコニコとそれらの手段には決定的な違いがありますよね。メッセージの受け取り手の有無。
同じようにブログでコメントしたらどう見ても荒らしです。それが敷居下げてるのかなと。
まあこんなうだつの上がらないブログやってる僕でも、去年試しに投稿してみた曲が1年で180コメントほど。ニコニコに投稿した方がまだマシって考える人がいてもおかしくないんじゃ?
ニコニコ動画には賛否両論あると思いますが、フィードバックを得る為にはどんな方法でも取りたいってのが本音ですよ。

さて過去曲はとりあえず消しておきました。何か意見のある人はどうぞどうぞ。
スポンサーサイト
色々思うところがあって、
週末に曲全て取り下げようと思ってます。
今後の活動はイベントだけでいいかなとも。
これは5月病らしいです。
mp3が再生できるプラグインが必要です。ボクと魔王バトルメドレー(DL)/ボクと魔王/戸田和秋,久米康隆,土井潤一,村田利秋

ボクと魔王は名作ですよね。キャラとストーリーと音楽が良い。ゲーム性は忘れた方がいい。
バトル音楽を端折って短いメドレーにしてみました。

吸血魔王バトル

ダンジョンバトル

魔王バトル

通常バトル

ラストバトル

吸血魔王バトル+魔王バトル

そして吸血魔王のイントロで終了です。
最初はダンジョンバトルだけアレンジしようと思ってたのでその部分がちょっと長いです。
後は魔王バトルのメインフレーズをどうやって入れようか苦心しましたね・・・。
原曲のBPMが150なのにBPM250でぶっ通してたのでw

製作環境の話に移りますと、今回はSC8850とVSTiを並行して使ってみました。
ギターとドラムがVSTi、他がSC8850です。
ちょっとミックスに苦労したけど割と使える感じ。
VSTi使ってそれっぽいの作ってみました。
VSTi使い始めると8850起動するのが面倒になってきますね(←
というわけで全パートVSTiです。

mp3が再生できるプラグインが必要です。戦場 戦慄(DL)/世界樹の迷宮II/古代祐三

とりあえずVSTiの使い方に慣れるという目標は達成できたかなーといった感じ。
最初のミックスではオルガンが他に食われてたので、思い切って前に出してみる+アレンジを加えてみました。
使用VSTiは以下の通り。

・daOrgan
・4Front Bass Module
・SuperRiffGuitar
・RM III

daOrganとRM IIIがSSW8.0の付録で、他がフリーです。
オルガンは適当な設定ファイルを読み込んで、ベロシティ抑え目で使用。
ベースは設定が無いのでほぼベタ。
ギターはオープンとミュートを2本ずつの計4本使用。バウンスした後にSlayer2を通して歪みを強化してます。
ドラムサンプラーは使い易過ぎてふいた。ピッチで音作れるのも良い。

なかなか楽しい環境が出来上がりました。
なんとかキャンペーンに伴ってバナーを設置してみました。
いきなりROのファンサイトになってみよう計画。

モスコビアはロシアをイメージしたローカルマップで、ROでは今までにも日本をイメージした地域など様々な国のローカルマップが実装されてきました。
ここ数年は本筋のアップデートを中心に行っていて、久しぶりのローカルマップとなります。

・・・

正直興味ないもう書くことない
SSW8.0が届いたので色々設定中ですー。
VSTを本格的に使うのは初めてなのでワクワク。
それにしても凄いですねこのパッケ。専用のVSTプラグインが数種類同梱されてて、それを使うだけで楽曲作成が始められるようになってますね。
何か色々新しいことやろうと考えてるので、もうしばらくお待ちくださいませ!

動画でもはっつけてお茶を濁そう。
ちぷさんが何かやらかしたようです。
ヨウスケさんの「仲間を求めて」を身内でリアレンジするのが流行ってたんですけど、僕もなんか適当に作ったら組み込まれてしまったー!
ちょっと待って落ち着いて、間違いなく浮いてるって!
みすたんがおいしすぎるって!(何
ちと四月頭にサウンドカードを買いまして・・・それがSSWとの相性が非常に悪かったらしく、打ち込みができない状況となりました・・・。
というわけで、楽曲の更新はできませんが生存報告でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。