Muse Note

むせのーと

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦うのは女の子、けど萌えじゃなくて燃え!ひたすらアツいアニメ「戦姫絶唱シンフォギア」



女の子が、みんなカッコイイ。キャラクター毎にデザインが違う必殺技のカットイン字幕とか、そういう細かい芸も好き。
そしてバトルシーンは必ず装者が歌いながら戦う!もちろん理由があって、シンフォギアは歌うとなんか強くなる!納得!
歌モノとバトルって本当に合うんだよね、ゲームでも歌モノのボス曲きたらテンション上がるよね。
シンフォギアはもうそれがずっとだから面白くない訳がないよね。
そして映像と音楽の適合係数が異常で、なんかもうこれを眺めてるだけで楽しい。
演奏のテンション、歌い出しのタイミング、そして歌詞の全てがアニメーションと連動してる。
これはほんとにシンフォギア以外ではなかなか体験できないと思うので、是非実際に見てほしい。


ここにカ・ディンギルを建てよう



このアニメは主人公達と同年代の男は一切出てこないので安心。
女の子だけで熱血・友情・恋模様まで見せてくれる。
特に主人公の立花響と、その親友の小日向未来の関係はもう、尊い。
こっちが2人の関係を理解する前に女の子同士で一緒の布団に寝てるし、脳が追いつかない、けど気持ちいい。
でも物語を追っていくと、2人のこれまでとこれからが丁寧に描かれてることがわかってくる。
理屈抜きでも楽しいアニメだけど、しっかり作りこまれてて百合過激派の僕も大満足です。



そして、同年代は出てこないけどOTONAの男性がカッコイイのも良い所。
OTONAになると力が強くなるため(個人差があります)チート級の戦闘力を持ってるんだけど、
ノイズに対しては無力ということで力のバランスを保っている感がある。
メインで戦ってるのは子供だけど、大人もちゃんとカッコ良く描かれてる作品は良い。



クリスちゃん可愛い!可愛さが爆発しすぎてる!



シンフォギア装者「雪音クリス」が可愛い。可愛いから見て。
初見で一番好きだと思ったキャラはクリスだし、2期まで見終わっても一番好きなキャラはクリスだった。
1期で既に可愛いんだけど、2期は天使としか言いようがない。
言葉選びの独特のセンスも大好きすぎる。キャラソンの歌詞にも個性が反映されていて、キャラを含めて作品を大事に作っているのが伝わってくる。
他のキャラも個性的なキャラソンなんだけど、特にクリスのはストーリーの進行に合わせて劇中で聴くのが最高なので見て。


ついれこれる奴だけついてこいッ!!



アニメの3期にあたる「シンフォギアGX」の冒頭6分が「6分でわかるシンフォギア」と呼ばれてるらしい。
1話はニコニコで常時無料配信してるので、ここから見てみるのも良いかも。
僕はこれを見ずに1期1話から見始めたんだけど、もう1話で完全に引き込まれた。
まず1話アバンで泣いている女の子と墓前に写真。思わず2話まで見てからもう1度確認したんだけど、主人公の響ちゃんの遺影だった!これは主人公が死ぬ物語なんだなと認識して見始めた。
続いて絶唱を使って事切れるシンフォギア装者が描かれて「絶唱を使うと死ぬ」と刷り込まれる。
なので僕は「絶唱だけはやめてえええええええ」って気持ちで見てた。
これが本当に上手かった。
そして各話の引きが超展開の連続で、次の話が気になってどんどん見てしまう・・・。
これ毎週待ってた人すげえなと思いながら朝まで一気に見てしまった!
現在放送中のGXに追いついて毎週待たなきゃいけなくなったけど、リアルタイムで追いかけるのもそれはそれで最高に楽しい!適合者になれて本当に良かった!

そういう訳で、脳が蕩けるくらいハマってしまったので皆も一緒に見ようという記事でした。
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://musenote.blog10.fc2.com/tb.php/240-0023fbf7
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。